好物が分からないお中元選びは苦痛すぎる

この時期がやってきました。

旦那の借金でお金がないけど…

旦那の両親には、毎年お中元の時期になると物凄く迷ってしまう事があります。元々お中元に限らず人にプレゼントをする選ぶという行為が苦手な事もありこの決まりきった行事は必要とはいえ私を大変悩ませます。

特に結婚してから夫の実家へのお中元に凄く悩んで居てなぜこんなに悩むかというと夫の母は、かなり食べ物などに好き嫌いがあり要らないものは、はっきりと言われるのです。苦手、嫌いなものが送られてきてこれはいらないと言っているのを聞いた事もあるので、いざ自分が送ったものがお好みに合わなかった場合どんな風に言われるかと思うとちょっとした恐怖です。

その嫌い、苦手なものが世間の人たちにとっては、結構人気のある商品ばかりなので余計にお中元コーナーで商品を選ぶ時にそういうものが多すぎて選ぶのが本当に大変で困っています。

今まで結婚生活をしていて初めの頃は、自分の好きなものを送っていたのですが後にそれが夫の母にとっては嫌いなものだった事が発覚してからは、絶対に嫌いなものを送らない様にしてはいますが、夫の実家へ遊びに行った時に夫の母に好きなものは何ですか、などと雑談ついでに聞くのですが全然答えてくれなくて、意地悪ではなくて元々ご自分の話をあまりしない性格なのですが頑張って聞いても答えてもらえずどうしたら良いのと叫びたくなります。

頼りである息子の夫はと言えば、母の好物を全く知らず何がいいかなと相談してもいつも何でもいいんじゃないという一番困る返事をしてくるのです。本当にそこの部分は、はっきり言って結構腹立たしい部分ですが仕方ありません。

お中元を贈っても特に反応が無い事もあるのでもう辞めようかなと思った事もあるのですが、一度始めてしまったので急に辞めたらおかしいかなと続けないといけないような気がしてもんもんとしながらも続けております。近年ではお中元を贈る人も段々と減ってきているようで夫の会社関係では直接お世話になっている先輩にお中元というよりは日頃の御礼的な感覚で送っている位になります。

夫の実家へは、母の日、誕生日、など年間に他にも沢山のイベントがあり本当にネタが尽きたというのが本音ですが、他の兄弟たちのお嫁さんが贈っているという話を聞いたりすると迷いが生じます。

これからも迷いながらも続けて行くことになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です