学生時代に行った合宿免許の思い出

もう数十年前になるんですが、私は大学二年生の時に滋賀県から、鳥取米子市の合宿免許所に行きました。
私が泊まった場所は合宿場ではなく駅から近いホテルでした。特に友人も作らなくでもええかなって思ってたのでホテルにしました。ゆっくり一人で合宿生活をしたいと思ったからです。
私が停泊していたホテルから教習所までは無料のバスが20分感覚ででていて、不便はありませんでした。ただ乗り過ごすと自分でタクシーを拾っていった事もありました。
期間は10日間でもし最終日で合格できなかった場合は追加料金なしでもう一度試験に受けることができました。合宿期間中はたくさん人が来るので、結構緩い採点が多かったと思いました。

鳥取の教習所は先生も穏やかで、道路も渋滞する事もなく安全に楽しく運転する事ができました。

一日のプログラムもがっつり夜までやるのではなくお昼で終わったりも多かったので、自由時間もたくさん取る事ができました。海も徒歩範囲だったので泳ぎにいったり、カラオケをしたりして遊びも充実していました。

私は夏のお盆期間に行ったのでなんと高速道路で運転はなく、ゲームセンターにあるようなマシーンでシュミレーションしました。物音もほぼなく静かな空間で一人ずつやったため教官も含め寝ている人がばかりでこれは意味があるのかなと感じたのは確かです。

そのときは友人もいらないと思っていましたが、一緒に勉強してたりしてたら必然と仲良くなりお酒を呑める子達とはほぼ毎日軽くお酒を飲みボーリングなどをして楽しく過ごせました。

なんかふと思ったんですが、当時付き合っていた彼氏を仲良くカップルで合宿免許に来れたらなーって宿泊施設で思ったことを思い出します。一人できていい経験はできたけど、他にカップルで合宿免許に来ている姿をみて急に思いました。

そしたら、別れることもなくそのまま付き合って結婚なかもしていたかもしらないなーってちょっと思ってしまいました。

年をとるとふとした瞬間になんだか過去を思い出してしまって切ない気持ちになりました。

今日はお酒を飲みながらブログを更新しています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です