慢性的な睡眠不足から来るクマ

クマが気になり始めたのは、社会人になって6年が経過した頃の事でした。本格的にメイクに興味が沸き、目元のメイクなどにも力を入れて見たいと思ったのですが、目の下のクマが青黒くコンシーラでカバーしても、はっきりくっきりと浮き上がって見え、目元のメイクをいくら頑張ってもクマのせいで台無しになってしまう事に悩み始めました。
とにかく、クマが出来る原因を調べなければならないと思いましたが、学生時代からオンラインゲームにはまり、毎日の睡眠時間は2,3時間があたり前と言う生活を送っていた事がありました。社会人になってからもゲームが辞められず、夜中の2時3時まで起きている事がザラで6時間以上睡眠をとった事がないと言う有様でした。ただ、それは平日の話で休日の日なんかは10時間以上眠る事もありましたので、まさか睡眠不足が原因とは思わず、睡眠不足を除外してしまいました。

他の要因となると、血の巡りが悪いか色素沈着と言う事になりますが、血行が悪いのなら、指で押さえると一瞬クマが消えるといいます。しかし、私のクマは指で押さえても色が薄くなる事は無かったので、残りの色素沈着と言う事になりますが、それにしては色が青いのです。どちらでもありえるけれど、決してどちらでもないクマに困惑しましたが、甘酒を飲んで血行の改善、美白化粧品を使用しての色素沈着の改善両方の改善を並行してみました。しかし、特に薄くもならず、改善の兆しは見えませんでした。

社会人になってから8年が経過した頃、3社目の会社を退職した事を機にフリーランスと清掃のバイトを始めました。清掃のバイトは昼からのシフトが多めでフリーランスも自由業と言う名の通り、時間の融通は自分の好きなようにできるので、1日の睡眠時間が8時間以上になりました。この生活を始めて2ヶ月ほど経ちましたが、今までの対処で全く改善する兆しの無かったクマが、今までにない程薄くなっていたのです。結局、クマが出来る原因は慢性的な睡眠不足だったのです。

拍子抜けすると同時に、会社員時代は睡眠時間を設けようにもなかなか難しかったと記憶しています。明日出勤すると思うと寝付けない事もよくありましたし、休日にまとめて睡眠をとれていると思っていたのも勘違いだったのだと気付きました。これからは睡眠が好きにとれる環境に身を置くので、睡眠に気を付けて行こうと思います。

クマを解消するためにはこちらがおすすめですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です