年齢のせいか身体が冷えやすい

若い頃から真冬でも素足を出して、冷たいジュースを一年中飲んだり、可愛さ優先で薄い服ばかり着て過ごしたり。

アイスクリームが大好きで、ほぼ毎日のように食べていました。

そんなことを当たり前に繰り返していたら、そのツケが貯まってしまったのか20代の半ばを過ぎた頃から、急に手足の冷えがとれなくなってしまいました。

特に冬場は、雪の多い寒い地方に住んでいることもあり、夜間布団に入ると足が冷たすぎてなかなか寝付くことが出来ません。

湯たんぽを二個ぐらい入れておかないと、暖まることが出来ず、毎日結構負担に感じます。

できるかぎり、冷たいものは控えて温かい飲み物を飲むように気を付けたり(朝は必ず白湯を飲んでいます)、夏場でも靴下を履いて足首出さずにし、サンダルで過ごすのはやめたり、と努力はしているのですが、全く改善されず困っています。

冷えとりの本を読んで、靴下の重ね履きや半身浴を行ってみたのですが、自分には合っていないのかイマイチ効果が感じられず、靴下の洗濯が多すぎて大変だったので、数箇月ほど続けたところで挫折してしまいました。

冷え性になってから、風邪も引きやすくなってしまったので、なんとかしたいです。

これってやっぱり年のせいかなーなんてことも考えます。

40歳近くになってくるとどうしても基礎代謝も落ちて、身体が冷えてきてしまうらしいんですよね。

なるべく身体が暖かくなるようなものを食べているのですが、やはりそれでは限界があるみたいですね。

 

お金をあまりかけないでなにかいい方法はないでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です