広島県の安芸太田町にある限界集落での出来事

ネットニュースを見ていたらある出来事に感動しました。

ちょっとご紹介しますね。

広島県に集落があるのですが、この集落は救急車を呼んでも到着するのに30分も掛かるくらいの山間の地域だそうなのですが、この集落に住む70代の女性が浴槽の中で意識不明になってしまったそうです。

女性の旦那さんが1番集落の中の若手である67歳の男性に電話を掛けると、その男性はすぐに来てくれて奥さんの心臓マッサージをするなどして救急車が来るまでの間救命処置をしたそうです。

この女性は救命処置をしたことにより一命を取り留めることが出来たそうで、救命措置をしてくれた男性は元々は町で暮らしていて、高齢の母親と暮らす為にUターンしたそうです。

職業はバスの運転手をしており、仕事でこれまでに何度も講習を受けたそうで、心臓マッサージの方法などを知っていたとのことでした。

とてもいいニュースで感動しました。

もしこの方が実家にUターンしておらず今でも町で生活していたら、助けることが出来なかったかも知れませんね。

そして心臓マッサージを正しくすることも出来たこと、外出中ではなかったからすぐに駆けつけることが出来たということも幸運だったと思います。

命の助かったおばあちゃん、ほんとよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください