ペダルなし二輪遊具による痛ましい事故

13日に倉敷市で、ペダル無しの幼児用二輪車に乗っていた4歳児が自動車とぶつかって亡くなったというニュースが流れました。

自分の子どもが自転車に乗れるようになり、それまで使っていたペダル無し二輪車を友人に譲ったところだったので、すごく焦りました。

うちでは、公道では乗らない、必ず公園に行って乗る、公園までは親が持って行くことをしっかり守っていました。

時々、公道沿いの歩道でよそのお子さんが乗っているのを見たことがあるのですが、私は自動車が怖かったので絶対できませんでした。正直、親御さんの姿を探してしまうほどでした。

私が公道で使わせなかったのは、ブレーキが付いていないというのが一番の理由です。自転車に乗れるようになって、ブレーキが付いていてもそれだけでしっかり止まるということがまだできませんので、危ないと思って足や手のブレーキでその場で止まるということは、4、5歳児ではなかなか無理なんじゃないかと思いました。

まして、犬の散歩をさせながらついていくなんて、何かあった時にとっさに止められないです。

また、自分が自動車の運転手の立場だとすると、やはりペダル無し二輪車で急に出て来た子供をよけるとか、ブレーキを踏んで止まるとかは難しいと思います。

自分が子供を持って、車の見通しの悪い道路などは更に気を付けるようになりましたが、急に飛び出てきたときに避けられるかどうかは自信がありません。

これからこういった事故は、テクノロジーが発展していけば防ぐことが可能になってくるのでしょうか?こういったことを一つでもなくすような技術が開発されることを切に長います。

高校野球決勝に感動しました。

高校野球の決勝がありましたね。

秋田では金農フィーバーが起こっていて、前日の準決勝は視聴率が60%あったというニュースもあったくらいです。

そんな金農フィーバーに乗っかってしまいました。

球児たちの真剣な表情で戦っている姿がほんと素敵に思ってしまって…

特に吉田投手は、早実のハンカチ王子こと斎藤祐樹選手を彷彿させるようなルックスで一気にファンになってしまいました。

試合は、大阪桐蔭高校の一方的な試合になってしまいましたが、これまでずっと投げ続けてきた吉田選手はほんとすごいなと感動してしまいました。

高校野球が終わってしまうと夏が終わってしまうそんな感じさえしています。

例年はあっという間に夏が過ぎていたのですが、今年は金農フィーバーもあってドキドキしながら夏を過ごすことができたのが良かったです。

おばさんになってくるとドキドキすることも少なくなってくるのでなんだかちょっと良かったなって思っています。

今後吉田選手がどうなっていくかちょっと見守って行きたいと思います。

ほんとにお疲れ様でした(。*・д・。)ノ

家族でワールドカップを観戦!頑張ったサッカー日本代表♪

おはごうございます。

昨日は、家族揃ってW杯のサッカーをみました。

子供がサッカーをやっているということもあって、私自身もサッカーに興味が出てきてよく試合などを見るようになりました。

ほんと昨日の日本×コロンビア戦はすごく興奮しました。子供と一緒に見ていたのですが、コロンビアの選手がすぐに退場になったときはもしかしたらなんて思っていたのですがまさかまさか勝ってしまうとは思ってもいませんでした。

香川選手も冷静にPKを決めて、大迫選手のヘディングシュートが決まったときは子供と一緒になって叫んでしまいました。

最近は、いろいろとあってなかなかここまで叫ぶことはなかったのですが、こんなに興奮をしたのは久しぶりで感動したのも久しぶりでした。

なんだか、サッカー日本代表の方たちがチーム一丸となってひたむきに頑張っているのがすごくいいなと思いましたね。このまま日曜日のセネガル戦も勝ってもらって決勝リーグに進んで貰いたいですね。

ポーランドに勝ったセネガルはつよいと思いますが、このままの勢いで頑張って欲しいです。

2020年のプログラミング教育必修化でもIT人手不足は解消しない?

先日ママ友とランチをして話していたんですが、今後子供の習い事ってどんなことがいいかってこと。友人いわく小学生からプログラミングができるようになった方がいいよということ。そんなことでいろいろと小学生プログラミング教室の事情を調べてみました。

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化される予定です。なぜ必修化されるのかと言うと、IT業界の人手不足がかなり影響していると考えられます。特にプログラマーが人手不足だと言われているようで、プログラミング教育が必修化されるのでしょう。

これにより、プログラマーの人手不足が解消されれば、この試みは成功したと言えるでしょう。しかし、そうは簡単に人手不足が解消されるとは思えない部分がありました。まず、2020年に必修化されるのは、小学校のプログラミング教育です。

一般的にプログラムの勉強には、高校生レベルの数学力が必要だと言われているので、小学生がいきなりプログラミングを習得することは、難しいでしょう。2021年以降に中学校や高校でも、プログラミング教育が必修化されるとのことですから、プログラマーの人手不足が解消されるとしても、まだ何年も先の話なるようです。

そしてここで疑問なのは、高校生レベルの数学力が必要なのに、なぜ小学生にプログラミング教育をするのかということです。それについて具体的な話を探ってみると、小学生にコンピューターの基本的な使い方を教えることが主な内容になるようみたいです。

最近の世の中では、かなり若い人でもパソコンが扱えないと、色々不便な面がありますから、そうした意味では、理にかなっていると言えるかもしれませんが、これではプログラムの勉強とはちょっと違う気がします。

それから話が変わりますが、IT業界にはブラック企業が多いという印象があります。最近のプログラムはどんどん複雑になっていますから、プログラマーの労働時間が長くなっているのでしょう。

そうなると、小学校でプログラミング教育をしても、プログラマーになる人が増えるのか、疑問に感じる部分があります。プログラミング教育の前に、IT業界の労働環境を改善する必要があると感じます。

特に最近は、労働環境が悪いところへの風当たりが強い傾向があるので、早めに労働環境を改善した方がいいだろうと思います。しかし、小学生がパソコンの基本的な操作を勉強する分には、プログラミング教育の必修化は良いとは感じます。

子供達といきなりステーキ大宮西口店に行ってきました。

こんにちは!

久しぶりの投稿です。

最近は仕事も順調になってきて、いろいろと悩んでいたことが晴れた感じがしています。忙しい中頑張っているのですが、たまには息抜きが必要かなということで子供たちを連れていきなりステーキを食べに行ってきました。

もちろん旦那には内緒です。

子供たちもだいぶ大きくなってきたので、食べる量もすごくて私は200gで満足だったけど、それ以上食べるんですね。

少しだけ成長を感じながら私が頼んだ300グラムの余ったお肉を頬張っていました。やっぱり男の子はこんな感じなのですかね。

部活も始めるようになってさらにお腹がすいているようで追加をしたいと行ったのですがさすがにお金もそんなにかけるわけにはいかないので我慢をしてもらいました。

でも、もっと頑張ってこの子供たちがお腹いっぱいにしてあげられるぐらい働こうと思っています。まだまだ先ですがなんとかこの子供たちのためにがんばろうと改めて思いましたね。

久しぶりのご馳走に子供たちも満足してくれてホント良かったです。

まだまだいきなりステーキは人気ですね。

また、今度がんばって子供たちをつれて来てあげたいなって思っています。お母さんがんばるぞ!

雪がほんとすごいですね。

こんにちは!

新年があけてもうすぐで1ヶ月が経ちます。あっという間に2月ですね。

今回のこの大寒波すごいですね。

東京でも雪が積もって、街中が大混乱でしたね。

 

そんな中でも子供たちは元気です。

 

あの寒い中外に出て雪遊び、なかなかそんなところに連れて行ってあげることができない私にとって少しだけ雪がありがたいですね。

泥んこになりながらすごく楽しそうに遊んでいる子供たちを見て少しでけ癒されました。

今年もなんとか頑張るぞ!

 

 

名古屋でレゴランドに行ってきました。

久しぶりに実家がある名古屋に帰省してきました。

名古屋もかなり変わっていて大名古屋ビルディングも改装されて、タワーゲートというものをできているみたいですね。

帰ってきた名古屋にびっくりです。

さっそく実家に帰ってみるとやっぱり落ち着きますね。

母親の料理を食べるのも久しぶりですごく懐かしかったです。

その日はなにかとバタバタと忙しかったのでなにもできなかったのですが、次の日は以前から子供が行きたがっていたレゴランドに母親が連れて行ってくれるとのこと

子供たちも喜んでいましたね。

朝早くから行ってしまったので開演もしていなかったので、近くの駐車場で待機です。子供たちは待てずに遊びまわっていました。

やっと開演になってすぐ入ったのですが、そんなに人がいないかと思ったけどやっぱりある程度は人気のようですね。

アトラクションに子供達と楽しみながらのって一日中遊びました。こうやって子供たちをレゴランドで遊ばせてくれたことにほんんと感謝ですね。

私では到底つれてきてあげることができなかったですからね。

話していないのでそんな状況も知っているのかわかりませんが、全額出して頂いたので母親には感謝です。

 

久しぶりに東京に!asoko 原宿に行ってきた♪

相変わらずお金もなく忙しいのですが…そんななか久しぶりに東京に行ってきました。

asoko原宿店は前から気になっていたショップで東京にいったら必ずいこうと思っていました。

あまりお金はないけど、それでもMINIONSなどかわいいカップやバックなどが売っているのでどれか娘に買いたいなと思っていました。

さすがに休日ということもあって人はたくさん並んでいて、30分ぐらい並びました。

息子がミニオンズがTVで放送していた時に見て大好きになってずっとDVDをねだられていたんですが、お金もないことなのでなかなか買ってあげることができなかったんです。

でも、せっかく東京に来たので思い出として息子にMINIONSマグカップを買ってあげました。コレで喜んでくれると嬉しいんですが…

でも、やっぱり東京っていいですね。学生時代に遊びに来たことを思い出し、あんな楽しい時もあったななんて思いながら電車で帰りました。

出産を経て変わった身体

出産をするまではあまり美容に関して悩みはなかったかなと思います。

強いてあげるなら体型がちょっと太いかなと思うぐらいで、それでも水着などは抵抗なく着ていましたし周りからも指摘されたことなどなかったです。

出産をしてから様々な悩みが出てきました。

最近は解決したのですが、抜け毛がすごく髪がものすごく減りました。髪自身も張りがなく、とても綺麗な髪とは言い難いものでした。

また子育ての関係で睡眠時間が不規則かつ少なくなり、そのせいで常に目の下にはクマがあり、また肌はガサガサで潤いがなくなりました。

出産したばかりのとても20代の肌ではないそんな時期もありました。

もちろん体型にも変化がありました。

骨盤が開いたせいでか、下っ腹がぽっこりと出ておりなかなかへこんでくれません。
出産して以来その開いた骨盤は治ることがなく、十数年ぽっこり体型のまま来ている状態です…。

その一方で私は肌が汚いためあまり出したくはないし、お腹は出ているから体型カバーのある服装しか着ることができなくなってしまいました。

若いお母さんなどをみると常々羨ましいなと思います。

出産をする前みたいに綺麗で可愛くおしゃれを楽しみたいものですね。

 

でも、この年齢と今までこの体型できてしまったのでなかなか理想の体型に戻すことは難しいのかななんて思っています。

けれどやっぱり女性であるのでいくつになっても痩せたい、きれいになりたいという願望あるもので、忙しい中で少しでも痩せれればなと思っています。

 

いつかはわたしもミニスカートをはいておしゃれなカフェにいって優雅なランチでも食べて来たいなってちょっと思っています。

 

けれど、やっぱりお金もないので妄想になってしまっていることが悲しいです。現実はやっぱり厳しいものでそれでも、なんとか頑張っていこうと思っています。

好物が分からないお中元選びは苦痛すぎる

この時期がやってきました。

旦那の借金でお金がないけど…

旦那の両親には、毎年お中元の時期になると物凄く迷ってしまう事があります。元々お中元に限らず人にプレゼントをする選ぶという行為が苦手な事もありこの決まりきった行事は必要とはいえ私を大変悩ませます。

特に結婚してから夫の実家へのお中元に凄く悩んで居てなぜこんなに悩むかというと夫の母は、かなり食べ物などに好き嫌いがあり要らないものは、はっきりと言われるのです。苦手、嫌いなものが送られてきてこれはいらないと言っているのを聞いた事もあるので、いざ自分が送ったものがお好みに合わなかった場合どんな風に言われるかと思うとちょっとした恐怖です。

その嫌い、苦手なものが世間の人たちにとっては、結構人気のある商品ばかりなので余計にお中元コーナーで商品を選ぶ時にそういうものが多すぎて選ぶのが本当に大変で困っています。

今まで結婚生活をしていて初めの頃は、自分の好きなものを送っていたのですが後にそれが夫の母にとっては嫌いなものだった事が発覚してからは、絶対に嫌いなものを送らない様にしてはいますが、夫の実家へ遊びに行った時に夫の母に好きなものは何ですか、などと雑談ついでに聞くのですが全然答えてくれなくて、意地悪ではなくて元々ご自分の話をあまりしない性格なのですが頑張って聞いても答えてもらえずどうしたら良いのと叫びたくなります。

頼りである息子の夫はと言えば、母の好物を全く知らず何がいいかなと相談してもいつも何でもいいんじゃないという一番困る返事をしてくるのです。本当にそこの部分は、はっきり言って結構腹立たしい部分ですが仕方ありません。

お中元を贈っても特に反応が無い事もあるのでもう辞めようかなと思った事もあるのですが、一度始めてしまったので急に辞めたらおかしいかなと続けないといけないような気がしてもんもんとしながらも続けております。近年ではお中元を贈る人も段々と減ってきているようで夫の会社関係では直接お世話になっている先輩にお中元というよりは日頃の御礼的な感覚で送っている位になります。

夫の実家へは、母の日、誕生日、など年間に他にも沢山のイベントがあり本当にネタが尽きたというのが本音ですが、他の兄弟たちのお嫁さんが贈っているという話を聞いたりすると迷いが生じます。

これからも迷いながらも続けて行くことになるのでしょう。