好物が分からないお中元選びは苦痛すぎる

この時期がやってきました。

旦那の借金でお金がないけど…

旦那の両親には、毎年お中元の時期になると物凄く迷ってしまう事があります。元々お中元に限らず人にプレゼントをする選ぶという行為が苦手な事もありこの決まりきった行事は必要とはいえ私を大変悩ませます。

特に結婚してから夫の実家へのお中元に凄く悩んで居てなぜこんなに悩むかというと夫の母は、かなり食べ物などに好き嫌いがあり要らないものは、はっきりと言われるのです。苦手、嫌いなものが送られてきてこれはいらないと言っているのを聞いた事もあるので、いざ自分が送ったものがお好みに合わなかった場合どんな風に言われるかと思うとちょっとした恐怖です。

その嫌い、苦手なものが世間の人たちにとっては、結構人気のある商品ばかりなので余計にお中元コーナーで商品を選ぶ時にそういうものが多すぎて選ぶのが本当に大変で困っています。

今まで結婚生活をしていて初めの頃は、自分の好きなものを送っていたのですが後にそれが夫の母にとっては嫌いなものだった事が発覚してからは、絶対に嫌いなものを送らない様にしてはいますが、夫の実家へ遊びに行った時に夫の母に好きなものは何ですか、などと雑談ついでに聞くのですが全然答えてくれなくて、意地悪ではなくて元々ご自分の話をあまりしない性格なのですが頑張って聞いても答えてもらえずどうしたら良いのと叫びたくなります。

頼りである息子の夫はと言えば、母の好物を全く知らず何がいいかなと相談してもいつも何でもいいんじゃないという一番困る返事をしてくるのです。本当にそこの部分は、はっきり言って結構腹立たしい部分ですが仕方ありません。

お中元を贈っても特に反応が無い事もあるのでもう辞めようかなと思った事もあるのですが、一度始めてしまったので急に辞めたらおかしいかなと続けないといけないような気がしてもんもんとしながらも続けております。近年ではお中元を贈る人も段々と減ってきているようで夫の会社関係では直接お世話になっている先輩にお中元というよりは日頃の御礼的な感覚で送っている位になります。

夫の実家へは、母の日、誕生日、など年間に他にも沢山のイベントがあり本当にネタが尽きたというのが本音ですが、他の兄弟たちのお嫁さんが贈っているという話を聞いたりすると迷いが生じます。

これからも迷いながらも続けて行くことになるのでしょう。

猫っ毛くせ毛の対処法

こんにちは!

とうとう6月私にとって嫌な季節が来てしまいました…

今日もしとしと雨が降っていてほんといやになります。

この梅雨の季節、猫っ毛くせ毛には本当に毎日凹む季節の到来なんですね。

この髪質には幼い頃から悩まされてきました。母からの遺伝なので仕方ないのですが、ほんと悩まされています(´・ω・`)

朝起きて、ぺたんこの自分の頭にはワックスをやろうが、全くの無意味です。

そんな私の対処方法は、デジタルパーマをかけることでした。

猫っ毛の母も、パーマをかけていて、私の周りの猫っ毛もパーマをかけています。

猫っ毛は、パーマがかかりやすく、取れにくいという利点があるようで、デジタルパーマはかなり長持ちします。

普通の人よりかは、ぺたんこパーマかもしれませんが、猫っ毛にとっては、奇跡のふわふわなんです。

猫っ毛には髪質だけでなく、髪の毛が細いが為に、頭のボリュームが少なく見え、分け目が見えすぎて、美容師さんに気を使わせてしまうようで。髪質以外にこういうちょっとした美容室での悩みもあります。

若い頃から、こういう頭なので、気になっていませんでしたが、年齢を重ねると、周りが気を使ってきて、自分でも気にするようになってきてしまいました。
分け目を定期的に変えてみたり、薄くなってないか毎日鏡を見てチェックをしています。 本当に年齢を多く重ねたおばさんになる頃には、ウィッグにお世話になってしまう時期がきてしまいそうで少し心配をしています。
猫っ毛の悩みは、年齢を重ねると深刻になるかもしれません。

カラーリングやパーマは極力控えて、頭皮の健康を第一に生活して、少しでも生き生きとした髪の毛を保ちたいものです。

早く梅雨の時期が過ぎて夏になってくれないかなーってほんと待ち遠しいです♪

学生時代に行った合宿免許の思い出

もう数十年前になるんですが、私は大学二年生の時に滋賀県から、鳥取米子市の合宿免許所に行きました。
私が泊まった場所は合宿場ではなく駅から近いホテルでした。特に友人も作らなくでもええかなって思ってたのでホテルにしました。ゆっくり一人で合宿生活をしたいと思ったからです。
私が停泊していたホテルから教習所までは無料のバスが20分感覚ででていて、不便はありませんでした。ただ乗り過ごすと自分でタクシーを拾っていった事もありました。
期間は10日間でもし最終日で合格できなかった場合は追加料金なしでもう一度試験に受けることができました。合宿期間中はたくさん人が来るので、結構緩い採点が多かったと思いました。

鳥取の教習所は先生も穏やかで、道路も渋滞する事もなく安全に楽しく運転する事ができました。

一日のプログラムもがっつり夜までやるのではなくお昼で終わったりも多かったので、自由時間もたくさん取る事ができました。海も徒歩範囲だったので泳ぎにいったり、カラオケをしたりして遊びも充実していました。

私は夏のお盆期間に行ったのでなんと高速道路で運転はなく、ゲームセンターにあるようなマシーンでシュミレーションしました。物音もほぼなく静かな空間で一人ずつやったため教官も含め寝ている人がばかりでこれは意味があるのかなと感じたのは確かです。

そのときは友人もいらないと思っていましたが、一緒に勉強してたりしてたら必然と仲良くなりお酒を呑める子達とはほぼ毎日軽くお酒を飲みボーリングなどをして楽しく過ごせました。

なんかふと思ったんですが、当時付き合っていた彼氏を仲良くカップルで合宿免許に来れたらなーって宿泊施設で思ったことを思い出します。一人できていい経験はできたけど、他にカップルで合宿免許に来ている姿をみて急に思いました。

そしたら、別れることもなくそのまま付き合って結婚なかもしていたかもしらないなーってちょっと思ってしまいました。

年をとるとふとした瞬間になんだか過去を思い出してしまって切ない気持ちになりました。

今日はお酒を飲みながらブログを更新しています(笑)