出産を経て変わった身体

出産をするまではあまり美容に関して悩みはなかったかなと思います。

強いてあげるなら体型がちょっと太いかなと思うぐらいで、それでも水着などは抵抗なく着ていましたし周りからも指摘されたことなどなかったです。

出産をしてから様々な悩みが出てきました。

最近は解決したのですが、抜け毛がすごく髪がものすごく減りました。髪自身も張りがなく、とても綺麗な髪とは言い難いものでした。

また子育ての関係で睡眠時間が不規則かつ少なくなり、そのせいで常に目の下にはクマがあり、また肌はガサガサで潤いがなくなりました。

出産したばかりのとても20代の肌ではないそんな時期もありました。

もちろん体型にも変化がありました。

骨盤が開いたせいでか、下っ腹がぽっこりと出ておりなかなかへこんでくれません。
出産して以来その開いた骨盤は治ることがなく、十数年ぽっこり体型のまま来ている状態です…。

その一方で私は肌が汚いためあまり出したくはないし、お腹は出ているから体型カバーのある服装しか着ることができなくなってしまいました。

若いお母さんなどをみると常々羨ましいなと思います。

出産をする前みたいに綺麗で可愛くおしゃれを楽しみたいものですね。

 

でも、この年齢と今までこの体型できてしまったのでなかなか理想の体型に戻すことは難しいのかななんて思っています。

けれどやっぱり女性であるのでいくつになっても痩せたい、きれいになりたいという願望あるもので、忙しい中で少しでも痩せれればなと思っています。

 

いつかはわたしもミニスカートをはいておしゃれなカフェにいって優雅なランチでも食べて来たいなってちょっと思っています。

 

けれど、やっぱりお金もないので妄想になってしまっていることが悲しいです。現実はやっぱり厳しいものでそれでも、なんとか頑張っていこうと思っています。

好物が分からないお中元選びは苦痛すぎる

この時期がやってきました。

旦那の借金でお金がないけど…

旦那の両親には、毎年お中元の時期になると物凄く迷ってしまう事があります。元々お中元に限らず人にプレゼントをする選ぶという行為が苦手な事もありこの決まりきった行事は必要とはいえ私を大変悩ませます。

特に結婚してから夫の実家へのお中元に凄く悩んで居てなぜこんなに悩むかというと夫の母は、かなり食べ物などに好き嫌いがあり要らないものは、はっきりと言われるのです。苦手、嫌いなものが送られてきてこれはいらないと言っているのを聞いた事もあるので、いざ自分が送ったものがお好みに合わなかった場合どんな風に言われるかと思うとちょっとした恐怖です。

その嫌い、苦手なものが世間の人たちにとっては、結構人気のある商品ばかりなので余計にお中元コーナーで商品を選ぶ時にそういうものが多すぎて選ぶのが本当に大変で困っています。

今まで結婚生活をしていて初めの頃は、自分の好きなものを送っていたのですが後にそれが夫の母にとっては嫌いなものだった事が発覚してからは、絶対に嫌いなものを送らない様にしてはいますが、夫の実家へ遊びに行った時に夫の母に好きなものは何ですか、などと雑談ついでに聞くのですが全然答えてくれなくて、意地悪ではなくて元々ご自分の話をあまりしない性格なのですが頑張って聞いても答えてもらえずどうしたら良いのと叫びたくなります。

頼りである息子の夫はと言えば、母の好物を全く知らず何がいいかなと相談してもいつも何でもいいんじゃないという一番困る返事をしてくるのです。本当にそこの部分は、はっきり言って結構腹立たしい部分ですが仕方ありません。

お中元を贈っても特に反応が無い事もあるのでもう辞めようかなと思った事もあるのですが、一度始めてしまったので急に辞めたらおかしいかなと続けないといけないような気がしてもんもんとしながらも続けております。近年ではお中元を贈る人も段々と減ってきているようで夫の会社関係では直接お世話になっている先輩にお中元というよりは日頃の御礼的な感覚で送っている位になります。

夫の実家へは、母の日、誕生日、など年間に他にも沢山のイベントがあり本当にネタが尽きたというのが本音ですが、他の兄弟たちのお嫁さんが贈っているという話を聞いたりすると迷いが生じます。

これからも迷いながらも続けて行くことになるのでしょう。

猫っ毛くせ毛の対処法

こんにちは!

とうとう6月私にとって嫌な季節が来てしまいました…

今日もしとしと雨が降っていてほんといやになります。

この梅雨の季節、猫っ毛くせ毛には本当に毎日凹む季節の到来なんですね。

この髪質には幼い頃から悩まされてきました。母からの遺伝なので仕方ないのですが、ほんと悩まされています(´・ω・`)

朝起きて、ぺたんこの自分の頭にはワックスをやろうが、全くの無意味です。

そんな私の対処方法は、デジタルパーマをかけることでした。

猫っ毛の母も、パーマをかけていて、私の周りの猫っ毛もパーマをかけています。

猫っ毛は、パーマがかかりやすく、取れにくいという利点があるようで、デジタルパーマはかなり長持ちします。

普通の人よりかは、ぺたんこパーマかもしれませんが、猫っ毛にとっては、奇跡のふわふわなんです。

猫っ毛には髪質だけでなく、髪の毛が細いが為に、頭のボリュームが少なく見え、分け目が見えすぎて、美容師さんに気を使わせてしまうようで。髪質以外にこういうちょっとした美容室での悩みもあります。

若い頃から、こういう頭なので、気になっていませんでしたが、年齢を重ねると、周りが気を使ってきて、自分でも気にするようになってきてしまいました。
分け目を定期的に変えてみたり、薄くなってないか毎日鏡を見てチェックをしています。 本当に年齢を多く重ねたおばさんになる頃には、ウィッグにお世話になってしまう時期がきてしまいそうで少し心配をしています。
猫っ毛の悩みは、年齢を重ねると深刻になるかもしれません。

カラーリングやパーマは極力控えて、頭皮の健康を第一に生活して、少しでも生き生きとした髪の毛を保ちたいものです。

早く梅雨の時期が過ぎて夏になってくれないかなーってほんと待ち遠しいです♪

学生時代に行った合宿免許の思い出

もう数十年前になるんですが、私は大学二年生の時に滋賀県から、鳥取米子市の合宿免許所に行きました。
私が泊まった場所は合宿場ではなく駅から近いホテルでした。特に友人も作らなくでもええかなって思ってたのでホテルにしました。ゆっくり一人で合宿生活をしたいと思ったからです。
私が停泊していたホテルから教習所までは無料のバスが20分感覚ででていて、不便はありませんでした。ただ乗り過ごすと自分でタクシーを拾っていった事もありました。
期間は10日間でもし最終日で合格できなかった場合は追加料金なしでもう一度試験に受けることができました。合宿期間中はたくさん人が来るので、結構緩い採点が多かったと思いました。

鳥取の教習所は先生も穏やかで、道路も渋滞する事もなく安全に楽しく運転する事ができました。

一日のプログラムもがっつり夜までやるのではなくお昼で終わったりも多かったので、自由時間もたくさん取る事ができました。海も徒歩範囲だったので泳ぎにいったり、カラオケをしたりして遊びも充実していました。

私は夏のお盆期間に行ったのでなんと高速道路で運転はなく、ゲームセンターにあるようなマシーンでシュミレーションしました。物音もほぼなく静かな空間で一人ずつやったため教官も含め寝ている人がばかりでこれは意味があるのかなと感じたのは確かです。

そのときは友人もいらないと思っていましたが、一緒に勉強してたりしてたら必然と仲良くなりお酒を呑める子達とはほぼ毎日軽くお酒を飲みボーリングなどをして楽しく過ごせました。

なんかふと思ったんですが、当時付き合っていた彼氏を仲良くカップルで合宿免許に来れたらなーって宿泊施設で思ったことを思い出します。一人できていい経験はできたけど、他にカップルで合宿免許に来ている姿をみて急に思いました。

そしたら、別れることもなくそのまま付き合って結婚なかもしていたかもしらないなーってちょっと思ってしまいました。

年をとるとふとした瞬間になんだか過去を思い出してしまって切ない気持ちになりました。

今日はお酒を飲みながらブログを更新しています(笑)

座骨神経痛になったら予防する意識は常に持たないといけない

数年前に私は坐骨神経痛になりました。

坐骨神経痛がひどくても、ロキソニンのような強い鎮痛剤を飲んでランニングしようとする人もいますが私自身も右側のお尻と太ももの奥からのじわじわと痛む嫌な感じを経験してついに坐骨神経に気を使わなくてはいけなくなったのか・・・と変な話、覚悟のようなものができました。

ランニングが趣味の人は長年走っていますので、どうしても膝や足首など弱い部分が出てきます。

私の場合、今のところ膝も足首も丈夫ですが、どうも腰が弱いようでした。

腰が痛む時は動かない、つまり練習もしませんし、うろうろ外を出歩いたりもせずなるべく家で過ごせる時間は大人しくするようにしています。 痛みが和らぐ体の向き、ポーズを探して夜は寝るようにします。

腰痛のときの寒い時期は痛みが出やすいように感じます。そんなある日夜明け頃いきなり痛みで目が覚めました。

これにはびっくりでした。こんなことは初めてでしたから。

どうやら夜中の間に掛け布団が外れたのか、思いのほか冷え込んだのか、腰が冷えてしまったみたいで縮こまったポーズで寝ていたようで…

突然右側の腰からお尻のあたりにかけて何とも言えないキリキリとした痛みでした・・・。 これはおかしいと思ってすぐ病院にいきそこで言われたのが『坐骨神経痛』でした。もちろんランニングはできなくなり、ずっと安静でした。

やっと動けるようになってきて、病院にも一人で通うことでできるようになったんですが、まだ足のしびれは続いたままでした。このままランニングができなくなるのではないかと不安にかられインターネットで『坐骨神経痛 埼玉県』で検索をしたらいろいろと坐骨神経痛に関する情報がいっぱい載っていました。

すごく参考になったし治るんだという励ましをもらったような感じでした。

自宅で5分ストレッチをしたりといろいろと試した結果すごく良くなって以前やっていたランニングを再度はじめました。

暖かくなったと思ったら急に冷え込んだりするのが春先、暑いと思っていても朝晩急に冷え込みだすのが秋口。 まあそういう時期は風邪なども引きやすいですし、体調を崩しやすい時期だと心得て暴飲暴食もしないようにして睡眠時間をしっかり確保するなど。

坐骨神経痛以外にもとにかく神経質になるぐらい健康に気を使いますね。

年齢のせいか身体が冷えやすい

若い頃から真冬でも素足を出して、冷たいジュースを一年中飲んだり、可愛さ優先で薄い服ばかり着て過ごしたり。

アイスクリームが大好きで、ほぼ毎日のように食べていました。

そんなことを当たり前に繰り返していたら、そのツケが貯まってしまったのか20代の半ばを過ぎた頃から、急に手足の冷えがとれなくなってしまいました。

特に冬場は、雪の多い寒い地方に住んでいることもあり、夜間布団に入ると足が冷たすぎてなかなか寝付くことが出来ません。

湯たんぽを二個ぐらい入れておかないと、暖まることが出来ず、毎日結構負担に感じます。

できるかぎり、冷たいものは控えて温かい飲み物を飲むように気を付けたり(朝は必ず白湯を飲んでいます)、夏場でも靴下を履いて足首出さずにし、サンダルで過ごすのはやめたり、と努力はしているのですが、全く改善されず困っています。

冷えとりの本を読んで、靴下の重ね履きや半身浴を行ってみたのですが、自分には合っていないのかイマイチ効果が感じられず、靴下の洗濯が多すぎて大変だったので、数箇月ほど続けたところで挫折してしまいました。

冷え性になってから、風邪も引きやすくなってしまったので、なんとかしたいです。

これってやっぱり年のせいかなーなんてことも考えます。

40歳近くになってくるとどうしても基礎代謝も落ちて、身体が冷えてきてしまうらしいんですよね。

なるべく身体が暖かくなるようなものを食べているのですが、やはりそれでは限界があるみたいですね。

 

お金をあまりかけないでなにかいい方法はないでしょうか…

慢性的な睡眠不足から来るクマ

クマが気になり始めたのは、社会人になって6年が経過した頃の事でした。本格的にメイクに興味が沸き、目元のメイクなどにも力を入れて見たいと思ったのですが、目の下のクマが青黒くコンシーラでカバーしても、はっきりくっきりと浮き上がって見え、目元のメイクをいくら頑張ってもクマのせいで台無しになってしまう事に悩み始めました。
とにかく、クマが出来る原因を調べなければならないと思いましたが、学生時代からオンラインゲームにはまり、毎日の睡眠時間は2,3時間があたり前と言う生活を送っていた事がありました。社会人になってからもゲームが辞められず、夜中の2時3時まで起きている事がザラで6時間以上睡眠をとった事がないと言う有様でした。ただ、それは平日の話で休日の日なんかは10時間以上眠る事もありましたので、まさか睡眠不足が原因とは思わず、睡眠不足を除外してしまいました。

他の要因となると、血の巡りが悪いか色素沈着と言う事になりますが、血行が悪いのなら、指で押さえると一瞬クマが消えるといいます。しかし、私のクマは指で押さえても色が薄くなる事は無かったので、残りの色素沈着と言う事になりますが、それにしては色が青いのです。どちらでもありえるけれど、決してどちらでもないクマに困惑しましたが、甘酒を飲んで血行の改善、美白化粧品を使用しての色素沈着の改善両方の改善を並行してみました。しかし、特に薄くもならず、改善の兆しは見えませんでした。

社会人になってから8年が経過した頃、3社目の会社を退職した事を機にフリーランスと清掃のバイトを始めました。清掃のバイトは昼からのシフトが多めでフリーランスも自由業と言う名の通り、時間の融通は自分の好きなようにできるので、1日の睡眠時間が8時間以上になりました。この生活を始めて2ヶ月ほど経ちましたが、今までの対処で全く改善する兆しの無かったクマが、今までにない程薄くなっていたのです。結局、クマが出来る原因は慢性的な睡眠不足だったのです。

拍子抜けすると同時に、会社員時代は睡眠時間を設けようにもなかなか難しかったと記憶しています。明日出勤すると思うと寝付けない事もよくありましたし、休日にまとめて睡眠をとれていると思っていたのも勘違いだったのだと気付きました。これからは睡眠が好きにとれる環境に身を置くので、睡眠に気を付けて行こうと思います。

クマを解消するためにはこちらがおすすめですよ♪

ヘアアイロンで髪を傷めずにストレートにするには

 

ストレートヘアアイロンを使い方って寝癖直しや癖毛をストレートにするのに必須なアイテムでなおかつ髪が傷まないようスチームの機能までついている便利な美容アイテムです。
今の時代多くの女性は、このヘアアイロンを持っていてヘアアレンジを楽しんでいると思われます。そしてときには旅行などまで持ち運びをしてスタイリングを行っています。ここで旅行のときに便利なのがコードレスアイロンと言われるものでバックに入るのに邪魔にならないくらいのコンパクトサイズのものが開発され販売されています。

わたしも別にコードレスアイロンを持っているけどバックに入れても邪魔にならず、海外旅行のときなんかほんとかなり便利ですよ!※あーそのやつはちょっと高い海外対応のやつですけどねヽ(´▽`)/

従来は寝癖などの矯正はヘアブラシとヘアドライヤーを使って行うことが一般的で、寝ぐせを直すにもかなりの時間が掛かっていました。

しかし、このヘアアイロンを使うことによってスチームがでたり、マイナスイオンがでたりと、ヘアドライヤーやヘアブラシで寝癖を直すよりも効率的に寝ぐせを直せたり、癖毛にいたっては矯正することまでできるようになってきています。

美容室などではプロ仕様のヘアアイロンなどが販売されているのですがこれらもインターネットを使うことで美容師さんが使っているものを買うということも簡単になっています。

そういう私も美容室で美容師さんが使っていたストレートアイロンを教えてもらって、寝癖やとくにくせ毛を直しています。

ほんと以前使っていたヘアアイロンと比べると髪の傷みを少なくなったし、ましてやコテでやけどをするっていうこともだいぶ少なくなった来ています。

なんかこんなところでも技術の進化を感じておどろいていますΣ(゚д゚lll)

でも、ほんと以前と比べると朝くせ毛を治す時間もかなり短くなり、コテを2回ぐらい当ててあげれば大抵のくせ毛は解消できますよー♪

ほんと便利になったものだ!!!!

ってなことで美容師さんから教えてもらったこのヘアアイロンは私にはなくてならない存在になっているからすごく愛用しています♪

私が美容師さんに教えてもらったヘアアイロンけっこういい感じですよ♪

http://hair-iron.info/areti20mm.html

旦那に借金が!離婚できずにいて悩んでいます・・・・

結婚5年目でのアラフォー女子です。

夫婦のトラブルが絶えないのが悩むなんです。

私たちだけでなくて夫婦のトラブルの多くが、お金の事だと言われます。

そんなうちも、多くのことはお金のことでいつもけんかをしていました。
何回も、泣いていたという思い出があり、今思い出しでも悲しいです。

それは、夫がカードローンで、色々な物を買ってきます。

買うものはゴルフ用品や、カメラ、ブランド時計、釣り道具など高額商品ばかりで買っても使わないものもあります。

使わないのに、買って満足するような人です・・・・

子供達の学費の心配をしているのに、本当につらかった(´・ω・`)

お給料は、まともに渡してくれたので食べていくことはできました。

子供の私立の中学校に行くとなると、かなりのお金がいります。
結果的に公立でしたが、それでもお金は大事にして欲しいと思いました。

旦那の借金が発覚して私も派遣社員として、働きました。 派遣社員の仕事も、ずっとあればいいのですがきれることもあってお金を稼ぐことができません。

そんなこともあって以前は、カードローンのことで別れようと思ったこともありますが、私一人では生活を成り立たせて行くのも無理だと思ったので、一緒にいることにしました。

夫はいい人ですがやはり、金遣いが荒いのが困ります。
生活費はちゃんと納めてくれているのですがなかなか貯金ができませんでした。

夫は借金が発覚してからは少し落ち着いて・・・・

でも話を色々聞いてみると、水商売の女性にもお金を使ったようで・・・・
今は昔のような、元気もなくなったのだと思います。

これから結婚する女性は、経済力は大切にしてもらいたいと思います

私のように専業主婦になってしまうと、なかなか仕事に復帰ができません。
独身の時のような、仕事に戻れないのが現実です。

看護師さんや専門職のようであればいいですが一般事務であればパートの求人しかないのです。

稼ぐ方が強くなるのが、今の時代だと思います。

借金などしなくても夫が病気になることもあるかもしれません。

一生続けられるような仕事を持つことが、理想です。

 

子供たちは、男の子ですが専業主婦の女性より働いている女性が安心です。

お金がないと、心まで暗くなりますから・・・・